わたりーわーるど

旅行記、考え方、楽曲、統合失調症との闘い

Don't worry be happy くよくよしないで

f:id:wataritakuya:20170209113644j:plain

どうも~わたりたくやです

ドイツでのCIEE国際ボランティアプロジェクトも終盤です

別れが近づいてきて、仲間と思い出づくりが始まります

料理

アイスランドのプログラムに参加した時に好評だったいなりずしを皆で作った

トランプをしたり

自分の国はどこにあるのか世界地図を書きあったりした

 

CIEE国際ボランティア ドイツ 世界地図を書く

 

ヨーロッパに住んでいる人は世界地図上ではヨーロッパが中心になっているので

日本はどこにあるのか分からないみたいだった

あげた5円

ドイツに到着した時

電車で助けてくれたおっちゃんと学生に5円玉をあげた

仲間全員にも5円玉をプレゼントした

 

「これもらってもいいの?」

 

嬉しそうにもらってくれて、なごり雪を口づさみながら紐を通してネックレスにしてつけてる女の子もいた

写真は窓で歌う僕

気持ちよかった

 

CIEE国際ボランティア ドイツ 窓で歌う

 

それぞれ自分の国のお金を説明しながら見せてくれてたくさんもらった

公園で

仕事終わりに近くの公園に行って楽しんだ

にんじん好きの友達が寝ていた遊具に座る僕

CIEE国際ボランティア ドイツ 仲間との楽しい日々

 

シーソーで楽しむ2人

 

CIEE国際ボランティア ドイツ シーソー

 

(どんだけ楽しそうやねん俺ら 笑)

 

BBQ

17時ごろから皆でBBQ

 

「美味しい!」

 

とたくさん食べて腹痛に見舞われ寝込む僕

仲間はそんな僕をみて笑っていた

 

CIEE国際ボランティア ドイツ 腹痛

 

腹痛

 

CIEE国際ボランティア ドイツ 腹痛

 

焼けていない肉があったのか

水が合わなかったのか

結構な痛みだった

夜は野宿

寝袋をもって飛出し

満点の星空を見ながら

仲間と寝ること

星空の写真はないけど

表情からどれだけ美しかったかを読み取って下さい

 

CIEE国際ボランティア ドイツ 星空の下

 

星を見るために高台に登って

 

CIEE国際ボランティア ドイツ 星空

 

仲間と寝袋を広げて

 

CIEE国際ボランティア ドイツ 星空の下

 

カメラのフラッシュがなければ真っ暗だった

寝袋に入り、空を見えげる

「たくや。流れ星たくさん見えるな」

「うん。何を願った?」

「何も。。。」

「たしかに。こんなに綺麗な景色だったら何も願えないね」

「ちょっと静かにしてよ。この音と雰囲気にひたりましょ。」

「了解」

青春を感じたな

生まれた国の違っても

こうやって仲良くなれて

笑いも涙も共有し合えるんだなって思った

寒くて寒くて

みんな中々起きて来れなかった

CIEE国際ボランティア ドイツ 野宿 朝

 

別れ

プログラム終了の時が来た

車に乗ってベルヒデスガーデン駅へ向かう

別れの朝

僕は号泣していた

他の皆はヨーロッパに住んでいるから会おうと思えばすぐに会えるから泣いていなかったけど

日本に住む僕は皆とは中々会えないし

もう2度と会うこともないかもしれない

思い出に溢れ

涙が止まらなかった

友達がくれた言葉

 

「たくや。この言葉を大切に日本で過ごして」

「うん。どんな言葉?」

「Don’t worry be happy」

意味は色々な訳の仕方があるけど

当時に僕にとっては

くよくよせずに、元気出して

という意味がしっくりきていた

「ありがとう」

固く握手とハグを交わして

僕たちは笑顔で別れた

帰国へ向けて移動開始

仲間と別れ

ミュンヘンのユースホテル

寂しさを紛らわすため

撮った写真を見直して

笑いながら

眠った

 

CIEE国際ボランティア 仲間との集合写真

 

わたりたくやの世界がひろがっていく