わたりーわーるど

旅行記、考え方、楽曲、統合失調症との闘い

スーツケースの重さ33キロ!!罰金!!超過手荷物料金13万円!!

f:id:wataritakuya:20170209113139j:plain

どうもわたりです

前回の話では

ボランティアに参加するきっかけとCIEEの解説をしたよ

今回は出発前のどたばたとたくさん罰金をくらったことを書いていきます

ボランティア内容について

僕が参加したプロジェクトがこれ

CIEE国際ボランティア参加プロジェクト

 

団体が「WF Iceland」

日程と場所 8/16-8/30 Fjaroabyggo

仕事内容 町や海岸の清掃を行うほかバイキングエリアで植林や小道の建設を行う

宿泊 コミュニティセンター

持参物 寝袋

現地の団体から送られてきた内容の資料がこちら↓↓

国際ボランティアプログラム資料

「なんやこれ。。。わ、分からん。。。」

辞書片手に必死に読んだのを覚えている

Fjaroabyggoってどこ?

仕事をする場所でFjaroabyggoって書いてある

「どこやねんっ!!なんて読むねんっ!!」

Iceland東部ってなってるけど、東部って近いんかなぁ?

 

実際の場所を調べた

 

アイスランドの地図

 

飛行機が着くケプラヴィーク国際空港が西の端(画像の左下)にあって。。。

アイスランドの首都レイキャビーク(画像の左下からちょっと上のとこ)が空港から車で40分くらいかかって。。。

えっ?東部って。。。右端の方?

 

 

 

えぇぇぇぇぇぇっ!!

 

 

 

めっちゃ遠い。。。南の部分全部行くやん。。。

 

 

とりあえずこの場所を知った時、恐怖でお腹が痛くなってトイレに行ったのを覚えている

申し込んだときのワクワクは不安で全部消えていた

それでもどうしても今の自分を変えたかったから渡航準備に入った

家族総出で準備を開始

スーツケースや寝袋、必要なモノを全て買いに行った

渡家では1人で海外に行く者など今までおらず、家族全員が心配していた

荷物を詰めていると

 

「これもいるやろ~?

 

「いや、ダウンジャケット3枚もいらんって!!」

 

「なんでやのっ?寒いやろうしお洒落もしなあかんやろっ!!」

 

「お洒落なんかいらんわぁっ!!」

 

祖母「だまってたくやに準備させたらええがなっ!!あんたは黙っときっ!!」

 

。。。

 

その後もパンツどうする?

バスタオルどうする?等と

 

毎回ケンカをするのに疲れたので、荷物の詰め込みは任せた

 

自炊用の食べ物

プロジェクトの中に

自分の国の料理を仲間にふるまうとあった

20人くらいの友達が出来るとして。。。

20人前?

めちゃくちゃ困った

同じく何を持って行くのか揉めたので任せた

インスタントのちらしずしセットとインスタントのいなりずしセットを持って行くことになった

荷物は29キロあった

全ての詰め込みが終わり、体重計で測ってみると29キロあった

 

 

僕「重たぁ。。。えらいいっぱい入ってるなぁ。。。」

 

 

飛行機に預け入れる荷物の重量制限は20キロ

9キロオーバーで罰金があったとしても9000円くらいじゃない?

初めての海外で何があるか分からんし、9000円かかっても全部持って行きなさい

 

僕「うん。。。分かった。。。」

 

と家族みんなで納得していた

しかし、

この後すぐに超過荷物料金の確認を怠ったことを後悔することとなる

出発当日

2008年8月14日(木)

前日は不安で全く眠れなかった

関西国際空港からフランスのシャルルドゴー空港へ

飛行機の乗り継ぎが上手くいかないため、フランスで1泊して翌日にアイスランドに向かうことになっていた

心配してくれたのか

母とおばが空港までついてきてくれたが、1人で行きたかった僕はめちゃくちゃ機嫌が悪かった

僕はぷんぷんしながら周りを見ずに歩いていたので、駅でおねぇさんの足をスーツケースで轢いてしまった

(あれは本当に申し訳なかったです)

超過手荷物料金13万円

空港に到着後

 

チェックイン時に機内預入の荷物の重さを量ったら

 

33キロと表記された

 

僕「えっ?昨日測った時、29キロやったやんな?」

 

持ってくるだけで手の皮がむけるはずだ

 

母「あっ!皆で食べれそうな日本食あったから朝に入れといたで」

 

いや、4キロの食べ物って何いれてん?

 

4キロで13キロの増加やから荷物超過の罰金1万3000円になるんちゃうん。。。

 

受付のおねぇさん「あの~13キロの荷物の超過なので13万円のお支払いになります」

 

僕、母、おば「えっ?」

 

ぼられたのか、それとも国際線だからなのかは分からない

3人ともパニックに陥り、冷静な判断が出来ず思わず口にした

 

 

うん。行こう」

「うん。行くわ」

おば「うん。いってらっしゃい。」

 

そして僕は振り返ることはなくそのまま搭乗エリアに消えて行った

行ったんかいっ!!

次回予告 フランスに到着!!日本食4キロの正体っ!

「なんやねんっ!!4キロの食べ物ってなんやねんっ!!」

荷物整理に明け暮れる1日

 

ボンッ「あれ?なんか爆発した?」

フランスのホテルで。。。

 

「こ、ここがアイスランド」

ついに到着っ!! 何が待ち受けるのかっ!!

わたりたくやの世界がひろがって行く

続く