わたりーわーるど

旅行記、考え方、楽曲、統合失調症との闘い

CIEE海外ボランティアで9か国合計17人の仲間に出会った

f:id:wataritakuya:20170209130116j:plain

どうもわたたくです^^

前回の話では

腹痛に耐えながら約10時間かけて滞在先に向かう話でした

今回は

  • どの国から何人の参加者が来たのか
  • 滞在先の様子
  • 仕事
  • お風呂や洗濯は

CIEE国際ボランティアプロジェクト参加者は

どんなことを経験し

どんな雰囲気だったかを知ってもらえます

各国から集まったメンバーがそろった

プログラムの開始日までどの国から何人来るか分からない

この場に集まったのは

  • 日本 5人(男性2人 女性3人)
  • イギリス 1人(男性)
  • スペイン 1人(女性)
  • フィンランド 1人(女性)
  • イタリア 2人(男性2人)
  • 韓国 1人(女性)
  • スロヴァキア 1人(女性)
  • フランス 4人(男性4人)
  • ドイツ人1人(女性)

9か国合計17人が集まりました

男性 9人 女性 8人

年齢層は10代後半を中心に30代前半の人もいました

このメンバーで一つ屋根の下、約2週間活動を共にします

宿泊先について

2階建ての家

まだ出会ったばかりで恥ずかしかったのか、全員会話もないまま部屋を見て回った

Sちゃん「ほこりっぽいわね。掃除機みた?」

僕「う~ん」

掃除機と英語で言ってるのが分からなかった僕を気遣って

Sちゃん「ぶ~ん」

と口で言いながらジェスチャーで伝えてくれた

僕「見てない」 と同じようにジェスチャーで伝えた

コミュニケーションがとれたことが嬉しくて互いに笑顔になった

また、心配したのかYくんに話しかけられた

Yくん「昨日大丈夫だった?」

僕「うん。めっちゃ腹痛やった。もう大丈夫」

僕 Yくん「はははっ」

腹痛が起きて会話のネタになったのも嬉しかった

片言の英語でイギリス人のCくんとも少し話せた

初日はボランティアの仕事がなく、近くにあったプールを見に行って山に登った

夜はイタリア人のCくんがパスタを作ってくれて、とても美味しかった

自己紹介

夕食後は全員が集まって自己紹介をそれぞれしあった

正直、何を言ってるのかさっぱり分からなかった

それぐらいの英語力で参加しました

分かったことと言えば「大学生」「好きなスポーツ」「どこの国から来たか」ぐらいしか分かりませんでした

僕は

「初めまして。たくやです。音楽とテニスが好き。ありがとう」

ぺらぺらと英語を喋る非英語圏の皆を見て羨ましかった

トランプゲームをして就寝の準備にはいった

就寝準備

どんな状況で寝るのか?

それぞれにマットレスが渡され、その上で寝袋を使って睡眠をとりました

一つの部屋に6人から8人。

男子も女子も部屋は分かれずに好きな場所で寝ていた

女性は寝袋の中で着替えていた

仕事開始

CIEE国際ボランティアプログラムはたくさんの仕事があります

例えば

  • 建物の修復
  • 農作業
  • 教育事業

参加国によって違いますが様々な仕事があります

僕は自然が好きなので環境保護の仕事を選びました

8月18日午前7時30分起床

仕事内容の説明があったが、全く理解出来ない

傘はささずフードをかぶって濡れながら、リーダーであるYくんについて行った

Yくん「この草を切ってくれ」

カマを渡され

おそらく外来種の草を切ってるのだと思う

4時間ほど斜面に生い茂っていた草を切り続けた

決して楽な作業ではなく、服はびっしょぬれになって、くつも水浸しだった

午後からは海岸の清掃をした

雨はやみ、景色を楽しみながらごみを拾っていた

「へっへー 3回も跳ねたぜっ」

誰かが海に向かって石を投げ始めた

「俺はもっといける」

1人が始めると

清掃の仕事を忘れ、全員が丸く平べったい石を探し始めて投げ始めた

「見ろよっ!! 最高のを見つけたぜっ!! 見とけよっ!!」

ボチャン。。。

全員「あははははっ」

和気あいあいと清掃をしながら15時ごろに戻った

洗濯

手洗いで済ませ

外で干していた

お風呂

お風呂は変わっていた

仕事終わりに近くにあったプールに向かった

「え?プールがお風呂なの?」

そうです。

屋外プールで入浴していました

ただ、入る前にシャワーをして体を洗ってからということでした

温水プールに、大きめの滑り台、サウナがあった贅沢な所だった

25Mのプールは温水ではなかったので寒かった

一息ついたところで

4人対4人でリレーで競争することになった

国対抗で盛り上がったり

水をかけあったりして仲が深まっていた

まとめ

たくさんの国から集まった僕たち

滞在先や仕事のこと

分からないことが多く

お互いを知ろうとする段階でした

このあと僕はたくさんの悔しい思いをしていきます

わたりたくやの世界が広がっていく

続く