わたりーわーるど

旅行記、考え方、楽曲、統合失調症との闘い

僕はフランスのホテルでめんつゆと叫んだ

f:id:wataritakuya:20170209113153j:plain

とぽとぽとぽとぽとぽとぽととぽとぽ。。。。。

とぽとぽとぽとぽとぽとぽとぽぽぽぽぽぽんっ

「あぁ。俺はフランスで何をしてるんだろう。。。」

どうも海外が大好きわたたくです

前回の話では

ボランティア内容の説明、渡航準備の際のどたばた、手荷物超過で罰金13万円くらったことを書きました

今回は

到着したフランスでの出来事、4キロの超過荷物の正体、アイスランドに到着する話をしていきます

フランスに到着

2008年8月14日11時50分発

僕は日本から飛び立った

前日が不安で眠れなかったのだが、飛行機の中では

爆睡した

機内食を食べては寝てを繰り返すと12時間は一瞬だった

「す、すげぇ 空港に動物おる」

シャルルドゴー空港に着陸時、滑走路の近くをうさぎが走っていたのを見た

初めての入国審査

英語がしゃべれない者にとっての最初の試練が入国審査だ

とにかく緊張した

「ぼんじゅー(こんにちは)」

審査官に頑張って言ったが日本語で返ってきてあっさり通過することが出来た

「おしゃれなトイレやなぁ。。。次は荷物かぁ。。。」

初めての荷物受取

外国人だらけの状況にびびり、案内の表記の意味も理解できなかった

荷物もどこで受け取るのか分からなかったので、インフォメーションセンターに聞きに行った

家でゲームばかりしてた

自分から人に尋ねることなんて考えたこともなかった

変わりたかった

「すみません。。。荷物。。。荷物。。。」

体は震えてた

航空券を見せながら、片言の英語で聞いた

フランス語で返ってきて訳が分からなかったが「43」という言葉は聞き取れたのでそこに向かった

無事に荷物を回収することが出来て安心した

両替時にキレられる

 

「おい、お前っ!!」

 

両替所で並んでいると後からきた外国人にキレられた

「何なん。。。」

ジェスチャーで後ろに並べと怒っている

「いや。あと2人で俺やねんけど。。。」

良く分からなかったけど怖かったので最後尾に行って並び直した

おどおどしてたのでなめられてたんだと思う

両替は無事に終わった

ホテルへ行くにも空港へ戻ってきてしまう

空港からホテルまで送迎バスが出てると聞き、30分ほどバス停で待っていた 「うぅっ。。。」 33キロあった僕の荷物

乗り込む時にツメが割れた

途中、下車するおばぁちゃんが荷物を降ろすのに苦労していたから手伝った

「ありがとう。あなた日本人?」

「はい。」

そう応えると嬉しそうにたくさん話しかけて来てくれた

だけどフランス語だったので全く理解できず、僕はずっと笑ってうなずいていた

。。。

バスに乗っていてしばらくして気付いた

 

「俺。どこで降りたらいいんやろ?」

 

ここかな?ここで降りるのかな?どこだろ?あれ?やべぇ。。。

そして気が付くと

 

空港のバス停に戻って来てた

 

あれから10年経った今でも覚えている

 

「こいつ1周して空港に戻りやがった」

 

とでも言いたそうな運転手の冷たい表情

予約していたホテルの資料を見せて、場所に着いたら合図するから降りろと言われ無事に到着した

荷物整理!!母がいれた日本食4キロの正体っ!!

「明日も飛行機で荷物検査あるよな?33キロもあったらまた罰金くらうんちゃう?」

うん。絶対そうや。。。

「あっ!皆で食べれそうな日本食あったから朝に入れといたで」

前回の話でおかんが出発前に入れたものも気になっていた

よっしゃやろう!!とスーツケースを開けてすぐに正体は判明した

 

 

「めんつゆ1リットルぅぅぅぅぅぅぅぅぅっ!!」

 

 

もう1本。。。

 

 

「めんつゆ1リットルぅぅぅぅぅぅぅぅぅっ!!」

 

 

1リットルのめんつゆが合計2本で2キロ

僕はフランスのホテルで「めんつゆ」と叫んだ

うん。めんつゆがあるなら。。。

 

 

「そうめん約20人分~~~~~~~っ!!」

 

 

さらにそうめんを出していると現れた

 

 

「高校英語参考書フォレストぉぉぉぉっ~~~」

 

 

おかん。。。食べ物だけやなかった。。。

めんつゆ 大量のそうめん 英語の参考書が並べられた

切なかった

 

5分後

 

とぽとぽとぽとぽとぽとぽととぽとぽ。。。。。

 

とぽとぽとぽとぽとぽとぽとぽぽぽぽぽぽんっ 「あぁ。俺はフランスで何をしてるんだろう。。。」 僕はフランスのホテルでめんつゆを捨てていた

「さらば1本1万円のめんつゆよ」

部屋はめんつゆのにおいで溢れ、日本を感じることが出来た

余計な衣服や文房具、捨てれるものは全て捨てた

体重計はなかったので、何キロになったかは次の日に乗る空港のチェックイン時にしか分からなかった

これが僕の海外での初めての1日だった

ボンッ!!あれ?なんか爆発した?部屋に入れない

翌朝、朝食を済ませて自分の部屋に入ろうとするも入れない

「あれ?カードキーの不具合かな?」

何度、指しても ピーッ!! と赤く光ってドアが開かない

「部屋間違えた?いやでもここやな」

何回か指したらいけると思った

ピーッ!!ピーッ!!ピーッ!!

 

ボンッ!!

 

「あれ?なんか爆発した?でも開いたなぁ。。。」

中に入ると、電球から火花が飛び散っていた

「あ、枕ちょっと焦げてる。。。」

よく分からないけどこれは申し訳ないことをしたと思い、10ユーロのチップを置いて逃げるように空港へ向かった

アイスランドへの超過荷物料金はなかった

アイスランド航空でのチェックイン時

荷物を測ってもらうと23キロだった

10キロの減量に成功し、3キロの超過は大目にみてもらえて罰金はなかった

飛行機に乗ることが出来、アイスランドに到着した

「ここがアイスランドか」

次回予告 仲間との出会いっ! 待ち受ける試練っ!!

「硫黄のにおいが凄いなぁ」

アイスランドのホテルで 「初めまして」

ついに出会えた仲間達

「う、うぐぅ。。。うわぁぁぁ。。。うぐぅぅぅ。。。」

「おいっ!お前っ!大丈夫かっ!」

何が起きたっ!!もがき苦しむわたりたくやっ!!

そして僕は男になった

わたりたくやの世界が広がっていく

続く