わたりーわーるど

旅行記、考え方、楽曲、統合失調症との闘い

音楽に国境はない。英語が話せなくても歌えば仲良くなれる

f:id:wataritakuya:20170209113358j:plain

前回のあらすじ

ciee国際ボランティアプロジェクトに参加したわたりたくや(筆者)

前回の話では

長い間、英語の勉強をしてきたのに話せない自分を責めて涙を流し始める

そんな時、仲間のYくんが滞在先から他の仕事のため出て行くことに

彼のために何か出来ないか?

動き始めた僕は楽器屋を見つけた。

今回の話で皆さんに得てもらえること

  • 行動することの大切さ
  • 音楽は国境を超えること

この2点を話を通じて皆さんに知ってもらえます

ギター購入

2008年8月20日

今日がYくんと過ごす最後の日

 

「たくやどこに行くの?」

 

1人で外出する僕を心配したのか、声をかけてくれた仲間がいた

 

「ちょっと。。。」

 

仕事終わりの自由時間に、先日見つけた楽器屋さんに1人で行った

店に入った僕

日本人は見慣れていないのだろう

不思議そうな顔をしていた

 

(ギター買って皆と余計に話せなくなったらどうしよう。。。)

 

(しばらく弾いてなかったから、上手く弾けるかな。。。)

 

(下手くそって笑われたらどうしよう。。。)

 

(あんまり仲が上手く行ってない日本人のグループにも何か言われるだろうな。。。)

 

買うのが怖くて1時間30分ほど店の中でただギターを見つめていた

今日から変わるんだ!!

勇気を振り絞り、店員に声をかけた

 

「ギター買う。。。あれ。。。」

 

欲しいと思ったギターを試し弾きさせてもらった

 

「せんきゅー。。。」

 

そのまま勢いで買って、滞在先に背負って持って帰った

 

「ええっ?たくやっ!ギター買ったの?」

 

 

dsc_2099

 

 

「うん。買ったよ。」

 

「マジかよっ!急にどうしたんだよ?最高だなっ!」

 

「Y 今日で 最後だから歌う」

 

「おおっ!!楽しみにしてるぜっ!」

 

「あはは。。。」

 

「皆ぁ~!!夕食後にたくやのコンサートだぁっ!!」

 

「マジかよっ!!」

 

と固い握手を交わし合った

 

(買って本当によかった)

 

だが、

予想以上に興味を持ってくれたので僕は凄く緊張していた

輪の中心と外

おりがみコンピューターゲームを使って

外国人の皆とコミュニケーションをとることは出来た

だけど、

英語が話せないと

皆に興味を持たせる道具が輪の中心になる

そして持ってきた本人は輪の外で眺めているだけ

それは違うと思った

だったら弾き語りをして輪の中心になってやる

そんな気持ちだった

友に届け!!ギター弾き語り!!

緊張でご飯の味を感じなかった

夕食後

 

ポ~~~~ン♪ポ~~~~ン♪

 

ギターの音を合わせていると世界各国の仲間が集まってきた

 

(や、やばい。。。むちゃくちゃ怖い。。。)

 

日本では趣味で年に2回ほど演奏の発表会に出ていた程度

手足は震えて、冷たくなっているのを感じた

きっと顔も真っ青だったのだろう

そんな僕を見て仲間たちも心配していた

 

ポ~~~~ン♪ポ~~~~ン♪

 

音合わせが終わる

 

「いけたよ。。。」

 

声が出なかった

 

「たくやっ!!始めてくれ!」

 

(逃げるな俺。)

 

「僕は歌を歌うのが好き。。。」

 

(全力で歌うぞ。。。)

「明日行ってしまうYのために。。。歌う。。。」

 

経験したことがないほどの緊張の中

 

「日本の曲。。。カバーソング。。。なごり雪。。。」

 

人生が変わった瞬間だった

なごり雪

 

♪~

 

イントロを終え、歌い始める

 

♪~

 

思っていた以上に真剣な目で皆が聞いていたので緊張はさらに増した

 

♪~

 

正直、ギターは音になってなくてめちゃくちゃだった

 

♪~

 

自分の声よりも心臓の音の方が大きく聞こえていた

 

♪~

 

英語を喋れない分、気持ちで全力で歌い続けた

 

♪~

 

ミスもした

 

♪~

 

気持ちで歌え

 

♪~

 

僕は無心になった

 

 

♪~ ♪~ ♪~

 

 

エンディングに入ると僕は皆と目を合わせるのが怖かった

 

 

♪~ ♪~ ♪~ ♪~ ♪~

 

 

残響が鳴り響く

 

 

♪~

 

 

Yくんはずっと僕から目を逸らさずに聴いてくれていた

 

 

「。。。ありがとう」

 

 

。。。

 

。。。

 

。。。

 

。。。

 

。。。

 

。。。

 

。。。

 

 

 

「Yeahhhhhhhh!!!!」

 

 

 

今まで浴びたことがない盛大な拍手をもらった

 

 

「しみた。。。いい声してるなぁ。。。伝わってきたよ。。。ありがとう」

 

「わたしの結婚式に歌いに来てよね」

 

「おれにもギター教えてくれよ!!」

 

輪の中心になることができた

 

言葉を話せなくても通じ合えた

 

それからYくんとフランス出身のVくんと特に仲が良くなり

 

深夜1時までずっとギターを通じて片言の英語で語りあった

伝えようとする気持ち

歌や音楽は上手さじゃないんだってこの時に気づいた

演奏前

皆とは軽い挨拶くらいで終わってた

演奏後

みんな僕に近づいて来てくれた

何だってそう

伝えようとする気持ちを持って自分を表現する

その大切さに気付かせてもらえた

音楽に国境はない

動く前は何も出来ない自分を責めて悲しくて泣いていた

動いた後はやり遂げて嬉しくて泣いていた

歌って良かった

嬉しくて眠れなかった

 

。。。

 

。。。

 

。。。

 

この後、フランスのVくんと親友になる

次回予告 楽しい時が過ぎて行く

自分を表現することで

仲間との距離が一気に近くなった

次回は

仲間と過ごす楽しさ

写真を通じて

紹介していきます

わたりたくやの世界がひろがっていく

続く