わたりーわーるど

旅行記、考え方、楽曲、統合失調症との闘い

壊してしまって約8万円の修理費用がかかったノートパソコンが教えてくれた3つのこと

f:id:wataritakuya:20170520010134j:plain

 ふふふ。

 

パソコン抱えて笑っております。

 

どうもシンガーソングライターの渡 琢矢です。

 

2か月ほど前の2017年3月。

 

不注意により愛用のノートパソコンを落として故障

 

修理費用におよそ8万円。

 

 めちゃくちゃショックな出来事にしばらく落ち込んでいました。

 

過去に起こったことは変えられないけど、過去に起きたことをどう考えるかは自分次第。

 

壊してしまったことによって得た気づきもたくさんあったので今は笑うことが出来ます。

 

どういういきさつで壊れたのか?

 

なぜパソコンを買い替えなかったか?

 

気づかせてもらえた3つのことの順に書いていきます。

 

トイレのドアについてるフックにかばんが上手くかかってなかった

 

あの日。

 

僕は近所のカフェでブログを書いていた。

 

カタカタとパソコン画面に文字が打ち込まれていく。

 

合間にコーヒーとドーナツで小休止を挟めばさらにタイプが早まる。

 

だがカフェイーンを摂取すれば尿意も早まるのもこの世の常。

 

(来たな尿意め。どうする?ここに置いていくか?でも誰かに取られたらだめだから持って行こう。)

 

僕はノートパソコンをカバンに入れて男性用トイレに向かった。

 

。。。

 

(床にかばんを置くのは嫌だな。ここにかけよう。)

 

トイレのドアの内側。

 

上の方についているフックのようなものをお分かり頂けるだろうか?

(服をかけるのか?かばんをかけるのか迷うやつ)

 

しっかりとかけたつもりだったが用を足そうとした瞬間。

 

ドシャッ。

 

にぶい。嫌な音がした。

 

振り返ってみるとかばんは無残な姿で床に横たわっている。

 

尿意どころではない。

 

液晶モニター修理費用に8万円

 

急いで席に戻ってパソコンの状態をみた。

 

画面は写るが激しくちらついていて文字の入力が出来ない。

 

とりあえず落ち着こうとドーナツを口に運ぶも味がしない。(この時、渡琢矢は何年かぶりの半泣きだった。)

 

その1週間後に少し落ち込みが治ったのでヨドバシカメラへ修理の見積もりをしに行った。

 

さらに1週間後の見積もり結果。

 

液晶が壊れているので修理されると約80000円ほどかかるという電話をもらった。

 

「えっ?もう一度言ってもらえますか?」

 

何年かぶりの半泣きを同じ月にもう一度経験するとは思わなかった。

 

なぜ別のパソコンに買い替えなかったのか?

 

はい。

 

80000円あれば新しいノートパソコンを買うことは出来ました。

 

ブログ用に3万から4万円のパソコンにしようかと思っていました。

 

だけど調べてみると写真や動画の編集ソフトは使うことができなくなると店員さんに言われて断念。

 

中古のものにしようかとも考えましたが誰が使っていたのかなど、その他色々なことを考えると不安になってきて断念。

 

今使っている編集系のソフトを使おうと思ったら新しいパソコンは10万円を超えてきて金額的にきついので断念。

 

それなら今まで使ってきた愛着のあるノートパソコンを8万円で修理して大事に使おうと思ったのです。

 

壊してしまったパソコンが教えてくれた3つのこと

1 無理せずに休む

 

落として壊してしまった日。

 

やるべきことに追われて疲弊していた僕。

 

注意力も散漫になっていたと同時に焦りにも襲われていました。

 

パソコンが壊れたことによって僕は疲れているということを実感。


やることを決めて身体などに負担を感じ始めたら無理せずに休うということは本当に大事です。

 

2 自分で考える力をつけること

 

僕は何か分からないことがあるとすぐに答えを求めてインターネットで調べていました。

 

自分で考える力がまだまだ足りないと感じていたので、修理期間中はスマホも触らないようにして出来るだけ物事を自分で深く考察して試すことを始めました。

パソコンは何でもすぐに分かってしまう便利なモノですが、自分で考える力は失っていくのではないか?

自分で考えて答えを導き出すことが出来たら音楽にももっと活かせるのではないだろうか?

パソコンがなおった今でも実行していて変化を感じている毎日です。

 

3 書くこと、表現することが好き

 

修理中。

 

何だか毎日が充実しているようで充実していない感覚。

 

やりきれない感覚が残る日々を過ごしていました。

 

なんでこんな気持ちになるんだろう?

 

考えて掘り下げて行くと、ブログを書かなくなったことが原因であると答え導きだせました。

 

さらにそこから僕が何をすれば楽しいのかを考え始め、最終的には僕を表現することが

好きで笑えるということに気づきました。

 

  • 書いている今も笑っています。
  • 写真を撮る時も笑っています。
  • 何よりも演奏するときが1番楽しいです。

 

僕自身を表現して行こうと決意出来ました。

 

前向きな人生を送る

 

8万円はとてもとても大きな値段だったのですが今はもうパソコンを壊してしまったことに後悔はないです。

 

僕が得た気付きは僕の中ではかけがえのないものだからです。

 

過去に起きたことは変えられない。

だけど過去に起きたことをどう考えるかは自分次第。

後ろ向きな人生よりも前向きな人生を僕は送る。

 

そしたら毎日笑える。

 

ほなまた世界のどこかで。

 

わたりーわーるど