わたりーわーるど

旅行記、考え方、楽曲、統合失調症との闘い

CIEE国際ボランティアで山に登る時は無理して登らなくてもいい

f:id:wataritakuya:20170209113635j:plain

こんばんは

わたりたくやです

CIEE国際ボランティアプログラムで

「仕事のない時は何をして過ごしていたの?」

と思う方も多いです

今日はドイツで参加した僕が休みの日にどんなことをしていたのかを書きます

写真で僕が見てきた景色をお楽しみください

土日が休み

月曜日から金曜日までは木を切る環境保護の仕事

土曜と日曜日が休みで皆と一緒に観光に行きました

外国人は山登りが大好き

休みの日は山登りに行くことが多かった

ゆるやかな道を登っていった場所もあったが

危険を伴う場所もあった

ベルヒデスガーデン国立公園

 

CIEE国際ボランティア ドイツ ハイキング

 

大きな国立公園を和気あいあいと話しながら歩いて行きます

途中、たくさんの牛と出会います

 

CIEE国際ボランティア ドイツ 牛

 

牛をなでつつ、景観を楽しみながらどんどん歩いて登って行きます

 

CIEE国際ボランティア ハイキング

 

中腹まで来てちょっと休憩、ここからさらに登っていきます

頂上に到着です

 

CIEE国際ボランティア ハイキング

 

いい眺めでした~

 

CIEE国際ボランティア ハイキング 頂上

 

疲れる僕と友達

 

CIEE国際ボランティア 友達

 

帰りはたくさん人懐っこい牛と住んでいた子供と出会いました

 

CIEE国際ボランティア ハイキング

 

きれいな景色

 

CIEE国際ボランティア ハイキング

 

とても綺麗な景色だった

2回目の山登り

景色は最高だった

ただ。。。

CIEE国際ボランティア ハイキング

 

休憩後は一気に危ない道のりになった

 

CIEE国際ボランティア ハイキング

 

救助ヘリが飛び交う

軽装で行くようなところじゃないと思った

 

CIEE国際ボランティア ハイキング ヘリ

 

上記の写真の右奥の雪が積もっているところまで行くことに

 

CIEE国際ボランティア ハイキング

 

足場がだんだん悪くなっていく

やがて道はなくなった

山をなめているような格好で登ってく僕たち

とにかく怖かった

 

CIEE国際ボランティア ハイキング

 

それでも何とか頂上へ到着した

 

CIEE国際ボランティア ハイキング

 

雪がまだ残っていた

 

頂上でしばらくぼーっとした CIEE国際ボランティア ハイキング

 

足もとに気を付けながら下山した

3回目の山登り

仕事終わりに、興味のある人だけで登りに行った山

これが一番危なかった

CIEE国際ボランティア ハイキング

 

道がなかった

山というよりも

崖登りだった

ここは登っても登っても良い景色は見れず

ただ、危険な目にあっただけだった

外国人は山登りが大好きだった

休みの日は何しようと相談をするたびに

「景色のいいところに登ろう」

ということになり

3回登った

景色よりも身の安全

CIEE国際ボランティアプログラムで

山を登るようなことがあれば

非常に危険を伴うことがあるので

どんな山を登るのかをあらかじめインターネットで調べてから登った方がいい

僕は

景色を楽しむよりも

自分の命を守りながら登っていたので

楽しむ余裕はなく

山も

苦手になりました

苦手なら登らなくてもいい

登り慣れている仲間は体力があり

歩くペースがとてもはやかったです

ついていくことも大変でした

周りに迷惑をかけまいと

急いでついて行きました

待ってもらったり

相手に気を遣わせるのが嫌だという方は

滞在先で皆の帰りを待っているといいかもしれませんね

この経験以来、

僕は山には登っていません

わたりたくやの世界がひろがっていく